【LAショー2012】スバルのハワイアンロボコップがデザインチャレンジで優勝!

December 6th, 2012

design challenge la auto show: subaru Robocops Hawaii

今回、スバル、BMW、GM、ホンダ、メルセデス・ベンツの6社が応募したLAオートショーの恒例イベント「デザインチャレンジ」で、見事スバルのシャーク「SHARC」(Subaru Highway Automated Response Concept)が優勝を果たした。

今回のテーマは「2025年のハイウエイパトロールカー」。空からのパトロールなど、未来型をイメージさせるデザインが注目を集めたが、シンプルに現実性の高い「SHARC」が選ばれた。今回スバルは2025年にはハワイ4島が巨大なハイウェイブリッジで結ばれると想定。ハワイの高い環境規制に適合するため再生可能エネルギーを動力源としたゼロ・エミッションを採用。そして一番のポイントは無人運転でのパトロールを可能にしたところである。前方に突き出した2つの触覚のような部分には監視や情報収集のための回転式3Dレーザーを搭載。無人パトロールによって人件費も削減でき、24時間体制での監視も可能だ。2025年には、スバルのこのパトカーがハワイを走っているかもしれない。

[link] [via]
by Mathias Rittgerott

Von admin • Abgelegt unter LAオートショー, News, スバル

Bitte hier Kommentare schreiben ...