フォード – 渋滞をワイヤレスで後方車に知らせるブレーキライトを開発

June 28th, 2013

フォード - 渋滞をワイヤレスで後方車に知らせるブレーキライトを開発 ford Electric Brake Light

米国・フォード社は、ドライバーがブレーキを踏むと、後方の車にワイヤレスで渋滞を知らせるブレーキライトを開発している。後方のドライバーは運転していると、前方の車がブレーキを踏んだことを知らせるアラートが表示され、前方で渋滞が起きていることを事前に把握できるという。

ドイツのsimTDというインテリジェント運転支援システムをテストしている団体によると、これは既に4年かけてテストしているプロジェクトで「エレクトロニック・ブレーキ・ライト」という最新技術。ワイヤレス通信で後続車に渋滞を知らせることができ、衝突事故を未然に防ぐために開発され、現在、実証研究中だという。

「車と車がコミュニケーションを取ることで、安全性は飛躍的に高まると考えています」とフォードの技術部門のトップで、Ford Research and Innovationの副社長のPaul Mascarenas氏は言う。

この他にも、simTDでは公共交通期間の管理システムもテストしており、出発した時点で目的地までの渋滞情報や工事情報を提供するシステムなども実用化に向けテストしているという。simTDは今度も各自動車メーカーやITメーカーと共同で、最新技術の開発・研究を進めていくという。

+ Link: Ford

Von admin • Abgelegt unter News, Tech & Science

Bitte hier Kommentare schreiben ...