メルセデス Sクラスの広告に誤り – 裁判所が差し止め

August 26th, 2013

シュトゥットガルトの自動車メーカー、メルセデス・ベンツ社は、今年の目玉モデルである「Sクラス」の宣伝内容に問題があるとして、裁判所から広告の差し止めを受けているという。問題となっているのは、CO2排出量に関する表現で、昨今の自動車技術に欠かせない点として各自動車メーカーがしのぎを削っている状況なだけに、問題は容易ではない。

一番良いパフォーマンスを発揮しているモデルの数値は事実として存在するものの、それが今回のSクラスの広告で使われており、それが実際のパフォーマンスとの間に開きがあったようだ。

メルセデス・ベンツ社は、事実関係を今一度確認し、再度広告を見直していくという。

Von admin • Abgelegt unter News, メルセデス・ベンツ

Bitte hier Kommentare schreiben ...