CES 2014 | メルセデス・ベンツ 次世代システム「Predictive User Experience」を発表【動画】

シュトゥットガルトの自動車メーカー、メルセデス・ベンツは次世代システム「Predictive User Experience」をラスべガスで開催されている「CES 2014」で発表した。このシステムは、文字を打つ際に日頃使っているパソコンや携帯の漢字変換予測のように、ドライバーがよく行く場所や天気などのデータを記憶するだけでなく、その日の気分まであらゆる状況を予測して、運転をアシストする次世代システムだという。

具体的にどういった機能なのか、シリコンバレーにあるメルセデス・ベンツ社リサーチ&デベロップメントのJohann Jungwirth社長にインタビューした映像があるのでご覧頂きたい。(インタビューは英語) mehr »

フォード - 渋滞をワイヤレスで後方車に知らせるブレーキライトを開発 ford Electric Brake Light

米国・フォード社は、ドライバーがブレーキを踏むと、後方の車にワイヤレスで渋滞を知らせるブレーキライトを開発している。後方のドライバーは運転していると、前方の車がブレーキを踏んだことを知らせるアラートが表示され、前方で渋滞が起きていることを事前に把握できるという。 mehr »

Von admin • Abgelegt unter News, Tech & ScienceKommentar schreiben

test-drive mercedes-benz s-class intelligent-drive

「追い越さないでくださいね」とメルセデス・ベンツ社、技術者のクレメンス・ベレ氏がマイクでシミュレーター内のドライバーに伝える。そう言われるとやりたくなってしまうのが記者の性!? 記者は対向車のトラックに接近する。しかし、レーダーが機能し、車は元の位置へ。運転を進めると反対車線では事故を起こした車両が。その事故現場に記者が気を取られていると…「危ない!」不注意な歩行者が事故現場に向かって渡ろうとしている!記者はブレーキを踏み損ねたが、レーダーが歩行者をキャッチし、車はストップ。「このブレーキアシストがなかったら歩行者をはねているところでしたね」とベレ氏。

test-drive mercedes-benz s-class intelligent-drive

管制室のモニターに映るSクラスに乗った記者は、動いてないようにしか見えない。しかし、運転席にいる記者からは360度普通の風景が映像として流れ、運転に合わせてこの黒いシミュレーター全体が微動する。ディズニーランドのスターツアーズと同じ構造だと思って頂ければ分かりやすい。 mehr »