【デトロイトショー2013】テスラ モデルX これで空も飛べるはず? 翼を搭載したEVカー

January 23rd, 2013

Detroit Motor Show Tesla model X EV

米国EVカーベンチャーのテスラが今回デトロイトモーターショーで発表したのは、まさに翼のような後部ドアの「ファルコンウィング・ドア」と、17インチタブレットモニターを擁した新型「モデルX」。

ファルコンウィングは見た目だけではなく、実はかなり実用的でもある。というのも、このモデルXは7人乗りの3列シートで、ファルコンウィングにしたことで3列目への乗車がかなり楽なのである。そして写真を見てもらうと分かるが、シートは特に背面がツルツルなプラスチックでできており、スターウォーズ的デザインと言える。


柵に囲われて展示されていたので、運転席のドアを開けることはできなかった。それにも関わらず、ファルコンウィングを閉めることも許されなかった。恐らく、翼を広げたモデルXを来場者に強く印象付けるためだろう。

また、この巨大な○○インチのタブレットもさしあたって適切な使用方法が見当たらない。秘密のベールに包まれた黒い板といった感じだ。?が頭の中に浮かび、お問い合わせボタンをポチっと押したくなる。特にそのサイズ、カメラを通して見ても大きい。大きすぎる画面には鏡のようにアウディのロゴ「OOOO」が写り込んでいた。

やーい、ざまあみろー。

by Mathias Rittgerott (翻訳: Sachiyo Tanaka)

Von admin • Abgelegt unter EV / Plug-in, News, デトロイトショー(NAIAS)

Bitte hier Kommentare schreiben ...