【ビジネス】ポルシェCEOのマティアス・ミューラー氏が2014年まで任期延長

January 24th, 2013

business Porsche CEO Matthias Muller 2014

ポルシェが現CEOのマティアス・ミューラー氏の契約を延長したと発表した。ミューラー氏は2010年より現職を引き継ぎ、契約した時点での任期は3年だった。「2014年まで契約を1年延ばすことにしました。」とミューラー氏はドイツの専門紙「Automobilwoche」に対してデトロイトモーターショーで発言した。

この決断の背景には、ここ数年の議題であったポルシェとフォルクワーゲン・コンツェルンとの統合の時期を夏に早めたことがある。「これが良いきっかけになったというよりは、契約期間を延ばしてでもそこにいるべきだと思った訳です。」とミューラー氏。上層部の取締役たちの言葉を信用すると、6月に60周年を迎えるその時にミューラー氏の契約は2014年から更に4年延長されるであろうと見られている。「そうなるとトップポジションの在位を祝うと同時に定年までこのポジションをキープするという『2018年計画』が成功を納めることになる」と、ある取締役は語った。141,000台という昨年の好業績を、少なくとも2018年までに200,000台にまで延ばす必要がある。

Von admin • Abgelegt unter Business, News, ポルシェ

Bitte hier Kommentare schreiben ...